調査機関に依頼したところ、自分の結婚

調査機関に依頼したところ、自分の結婚相手の浮気が発覚したならば、離婚するかしないか心が乱れますよね。
まずは落ち着いて、先に探偵事務所に依頼の電話をかけてしまわずに、一度考えてみてはいかがでしょうか。夫婦というものは法律上お互いに貞操を守る義務がありますから、自分の配偶者とその不倫相手に対して慰謝料を請求し、離婚という別れを選択するのも一つの方法です。探偵に浮気調査をお願いして、疑いようもない明確な証拠が手に入れば、慰謝料の請求は配偶者と不倫相手双方にすることもできます。
パートナーが信用できなくなってしまうとこの先の長い時間を一緒に過ごすことはかなりの精神的な負担になりますから、慰謝料をもらって離婚することもありかもしれません。
それと、原因となった不倫相手に慰謝料の支払いが課せられれば配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。ケータイの通話履歴から浮気の証拠がつかめますね。浮気相手への連絡手段として携帯を当たり前のように使われるからです。今やメール、または、LINEなど様々な方法で連絡を取ることが多くなりましたが、やはり好きな人の声を聞きたいと思うことは安易に予想できます。
何気なく電話していることも十分ありえるのです。
探偵に依頼するなどし、浮気の証拠を押さえる手段も良いと思います。
相手がおかしいと思った時、まず自分自身でなんとかしようと行動すると思います。
ですが、浮気の決定的な証拠を自分だけで集めようとしたら、相手に気づかれてしまう事もなきにしもあらずです。
はっきり言ってその理由は、相手があなたの顔を知っているからです。法律の中では、婚姻関係にある人が配偶者ではない人と肉体関係を持つことを不倫といいます。すなわち、法律上では、肉体関係を持っていない場合には、普通のデートをしたとしても、浮気とはいえません。個人で男女の関係を実証することは難しいかもしれませんが、プロに頼んで調べてもらうという手もあります。