自分の配偶者を調査してもらったところ浮気が発覚

自分の配偶者を調査してもらったところ浮気が発覚してしまった場合、結婚生活を維持するかどうか迷って決められないですよね。
それを避けるために、先に探偵事務所に依頼の電話をかけてしまわずに、自分の損得を考えるのが先決です。夫婦というものは法律上お互いに貞操を守る義務がありますから、自分の配偶者とその不倫相手に対して慰謝料を請求し、離婚という別れを選択するのも一つの方法です。浮気調査の費用節約というと、できる範囲のことは自分で前もって調査を済ましておくようにしましょう。
難しそうに聞こえてしまうかもしれませんが、実際そんなことはないのです。
毎日、パートナーの行動記録を付けておけば良いだけです。毎日、仕事に出掛けた時間、帰宅してきた時間、電話がかかってきたならば、着信時間と通話時間も記録するようにしましょう。
例えば、携帯で通話した履歴から浮気の証拠をつかむことが可能です。
携帯電話は浮気相手との連絡手段として当たり前のように使われるからです。
今やメール、または、LINEなど様々な方法で連絡をする事も多くなりましたが、やはり、相手の声を聞きたいと思うことは安易に予想できます。ですから電話をする可能性も十分考えられます。
料金について成功報酬制を採用している探偵事務所は、結果として成功した調査でないと料金が発生しないという懸念があるため、成功した場合はそれなりに高額の料金を請求されます。そのようなケースも勘案した場合、成功報酬制を採用している方が、浮気の調査費用が安くなるわけではないのです。
実際の調査能力などもチェックして、料金システムに関して不安がない探偵事務所に依頼することが重要なのです。相手が言い逃れできないような証拠を、探偵の浮気調査によって得ることができたとしても離婚の必要性については考えるべきでしょう。
ご夫婦に子供がいる場合ですと特に浮気をした、されたといって離婚とは、そう簡単にすることができないものです。
養育費は想像しているよりもずっと少額になりますし、支払わずに音信不通、なんてこともありますから、女手一つで育てていく大変さは、並大抵ではありません。男手一つで育てる場合にもまた同様で仕事をしながら両立させることはそう簡単ではないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です