探偵による浮気調査の結果、歴然とした証

探偵による浮気調査の結果、歴然とした証拠が発見されれば、配偶者と不倫相手から慰謝料を支払ってもらうこともできます。
心から信用のできない人間と一生を共にするのはそのストレスはかなりのものになりますから、慰謝料をもらい、離婚することは選択肢の一つかもしれません。それと、原因となった不倫相手に慰謝料の請求をしておけば別れさせることも難しくはありません。
不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、50万円程度となるケースもありますし、400万円くらいのケースもあります。離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、その金額は少なくなってしまうでしょう。
さらに、不倫相手が浮気を否定するケースでは証拠が必要になります。
どの人からみても明らかな不倫の証拠が必要です。配偶者が不倫をした場合、あなたの配偶者と交際相手に慰謝料を請求することができます。ただし、配偶者が不倫をする前から、仮面夫婦と化していたり、客観的に見て夫婦とは思えない状態だったときは、慰謝料をもらうことはできません。慰謝料は、どの程度精神的に傷ついたか、夫婦の歳、結婚年数などいろいろな事を鑑みて裁判所が決定します。浮気調査の費用を節約する方法は、できる限り事前に自分で調べておくことです。難しそうに聞こえてしまうかもしれませんが、実際そんなことはないのです。
ただ、パートナーの行動を毎日記録するだけで良いだけです。
毎日、仕事に出掛けた時間、帰ってきた時間、電話で誰かと通話していれば、掛ってきた時間と通話していた時間も記録しておきましょう。せっかく探偵が問題なく仕事をしていても、依頼者自身が焦ったりして、相手に余計な警戒心を与えてしまって浮気調査が難しくなり、うまく行かない事もあるのです。探偵に依頼したからといって、絶対にあなたの望む結果になるとは限らないのです。
うまく行かなかったときの報酬についても、契約書を作る際に探偵と依頼者で決めておくことがポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です