本人が知らないうちに、浮気してい

本人が知らないうちに、浮気しているという客観的な証拠を掴むためには、必要となる機材や技術があります。
せっかく撮った浮気現場の写真も、露出が足りず写っている顔がはっきり判らないとなると証拠にならないのは仕方の無いことです。浮気調査を探偵に依頼した場合は、用途に適するサイズのカメラも用意し全く気づかれずにはっきり判別できる写真を撮ります。興信所と探偵事務所の違う所を聞かれた場合、あまり無いのではないかと言っても良いでしょう。共に、浮気調査から身辺調査、似たような仕事をしています。
ただし、差があるとしたら、興信所は、企業や団体からの依頼向けで、探偵は個人向けのようです。浮気調査の依頼をするときには、どのような調査が行われるかにもよりますが、浮気をしているかの確認を調査員1人で浮気が確実なものとなったなら、再度相談をして調査員の数や方法など進むべき方向を決めます。
同一電話番号との連絡を繰り返し、また定期的にまた掛けていたりするとその電話の相手が浮気相手という確率は非常に高いと言えます。
その後、その電話番号の持ち主を突き止めるだけでいいのです。
しかし、パートナーの警戒心が強いとなると、電話で浮気相手と連絡を取りあった後には通話の履歴を削除するということを抜かりなく行うといったような事もあります。
探偵に浮気調査を依頼して、相手が言い逃れできないような証拠を得ても必ずしも「離婚した方がいい!」とは言い切れないのです。
ご夫婦に子供がいる場合ですと特に浮気をした、されたといってトントン拍子で離婚の話は進まないものです。相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、毎月きちんと支払われる保証もありませんから、女手一つで育てるのは容易なことではありません。それは男性の場合であっても同様で仕事をしながらどちらも上手くこなすのは難しいでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です